オーケストラ

オーケストラ奏者の必需品〜鉛筆・消しゴム・消しゴムキャップ

オーケストラ奏者にとっての必需品は楽器・楽譜以外にもあります!

譜面に色々書き込むための鉛筆です。

特に弦楽器はボーイングを書き込まなくてはいけませんからね〜。

鉛筆が必要ということは、当然消しゴムも必要です。

「要するに筆記用具ですよね?」

そうなんですけど、何でも良いってわけではないので、どんな鉛筆と消しゴムが良いのか、紹介していきますね。

どんな鉛筆が良いの?硬さは?

鉛筆はHやHBではなく、2B〜4Bぐらいが良いです。

それは何故かと言いますと、芯が柔らかい鉛筆で書いたほうが見やすいのと、芯が硬い鉛筆だと消しにくいからです。

ボーイングや音の強弱、表現など、譜面に書き込んだことはしょっちゅう変わります。

なので、書いたものが消しやすいように、芯が柔らかい鉛筆で書いたほうがいいのです。

消したいのに消えないと本当に頭にくるんですよね〜。

必死に消しゴムを使いすぎて、譜面台の下が消しゴムのカスだらけになったりします。

どんな消しゴムが良い?

では、消しゴムはどんなのが良いでしょう?

それは、よく消える消しゴムです!

「消えない消しゴムなんてあるの?」

ハイ!たまにあります。見た目だけで買うと失敗します。

私はDAISOの「コーラが香る消しゴム まとまる激落ちコーラ」を使っていますが、2個で100円で、コーラの香りで癒やされるのでとっても気に入っています。

ここまで、鉛筆と消しゴムのことを話してきましたが、ここでとっても便利なグッズを紹介したいと思います。

それは、鉛筆に消しゴムがくっつけられる、あれです!

とっても便利な消しゴムキャップ

鉛筆で書き込みをしていて、「あ!間違えちゃった」という時に、鉛筆に消しゴムが付いているとすごく便利ですよね。

消しゴムキャップも色々あるようですが、私のお気に入りはファーバーカステル イレーサーキャップです。

先が細くなっていて使いやすいのと、とてもよく消えるのでオススメです!

オーケストラで使うのに良い鉛筆、消しゴム、消しゴムキャップについてまとめました。

  • 鉛筆は2B〜4Bが良い。
  • 消しゴムはよく消えるもの。
  • 消しゴムキャップあると便利。オススメはファーバーカステルのイレーサーキャップ。

 

-オーケストラ

© 2021 うらたえりヴァイオリンきょうしつ Powered by AFFINGER5