ヴァイオリンの難しいところ

ヴァイオリン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヴァイオリンは何が難しいの?

私の教室には、大人からヴァイオリンを始めた生徒さんが多いのですが、皆さんそれぞれ頑張っていらっしゃいます。

ヴァイオリンを始めたものの、続かずにやめてしまう方も多いです。

何が難しくてやめてしまうのでしょうか?

弓がうまく持てない。

なんと言っても難しいのが、弓の持ち方。

なかなか正しい形で持てるようにならないですね。

「ボーイング練習器具」という矯正グッズを使ってる方もいらっしゃいます。

左手の形が難しい。

左手で弦を押さえる時は、左手を肘から左にひねらないといけません。

そうしないと、小指で弦を押さえられないからです。

しかし、この手の形は日常生活ではしないので、難しいですよね。

音程がとれない

「ギターのように線がついていれば、もう少し簡単なのに」

と言う方がいらっしゃいます。

確かに、指板の上に何もガイドがないですものね。

最近は初心者用に指板に貼るシールもあるようですが。

楽譜が読めない方には、この点はかなり難しいのかもしれません。

綺麗な音が出ない

最初は特に出ませんよね。

ギギ〜とかガガ〜という音でしょうか。

これは技術的なものもありますし、楽器のせいもあるかもしれません。

弓を持つ右手のコントロールができるようになると、改善されるかと思います。

まとめ

ヴァイオリンの難しい点をあげてみました。

初めて楽器を手にした方には難しいことが多いと思います。

確かにすぐには音が出る楽器ではないですが、

始めてみるとヴァイオリンの魅力に取り憑かれると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました